スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【まとめ】

屋久島旅行でボクが感じた感想をお伝えします。

1.雨具について
 ① 雨合羽
  「100円ショップで売っているビニールのカッパで十分。」って思ってました。(汗
  でも、ガイドさん曰く、ビニールのカッパだと通気性が悪く汗を大量にかくそうで、
  そうすると体力が消耗し、疲れるとのこと。
  ゴアテックスとはいかなくとも、通気性のあるセパレートの雨合羽が必須です。
  ちなみにボクは通販で5,000円位のものを用意しました。
 ②リュックカバー
  山初心者には案外盲点です。
  ボクのリュックは最初っからリュックカバーが付いていたものだったのですが、
  これがないとリュックの中がびしょ濡れになります。
  縄文杉ツアーでは、ほぼ雨の中を歩くので、お弁当とか濡れると悲惨です。
  ※300円でレンタルができます。(2泊3日)
 ③靴
  ゴアテックスの靴、すごいです。濡れません。
  持ってないなら絶対レンタルしてください。
  帰りは水たまりの中を歩く状態で、機能しませんでしたが…
  ※1,000円でレンタルができます。(2泊3日)

2.食事について
 ①夕食がついていない宿の場合
  「まんてん」という宿に宿泊したのですが、こちらの夕食バイキングは4,000円もします。
  屋久島空港の近くで食事できるところは二軒しかなく、難儀します。
  イタリアンレストランは水曜定休でした。
 ②縄文杉ツアーのお弁当
  ツアー前日に宿泊先にその旨伝えると、お弁当屋さんから用意してくれます。
  朝食付きの民宿の場合、朝のお弁当は無料で、昼の分のみ追加徴収となります。
  ※500円位です。
 ③朝日蟹
  前もって宿泊先でお願いすると用意してくれます。
  ※一杯1,500円位です。
 ④首折れサバ
  ボク達は結局食すことができませんでした。
  シーズンとかも関係するので、もし見つけたら是非食べてください。
  取り扱っている食堂も限られているので、事前の調査が必要です。

3.登山ツアーについて
 ①白谷雲水狭ツアー
  原生林コースは、なかなかハードです。
  2,3回、沢を超えるのですが、雨天の場合は水量が増して大変かも。
  ガイドさんは不要ですが、ずーーっと山道なので、注意してください。
  こまめに休憩を取って、ゆっくり登ってください。
 ②縄文杉ツアー
  山道のつらさはそんなでもないです。
  けっこう整備された道を登るので、白谷雲水狭より楽です。
  ただ、山道に行く前(トロッコ道)の距離が半端ないので、そこで疲れます。
  全行程22キロのうち3/4がトロッコ道なので、根気があれば大丈夫。
  ケガには注意してください。ガイドさんのリュックは救急道具が満載らしいです。

4.交通について
 ①レンタカー
  島内観光をするなら必須です。
  バスでまわることも可能ですが、1時間に1,2本しかきません。そして高いです。
  レンタカーを借りたほうがよほど経済的です。
  ※島なのでガソリン代が割高ですが、軽自動車なら燃費が良いので問題なし。
  それと西部林道に行くなら、あくまで自己責任で…
 ②レンタルサイクル
  これは便利でした。
  宮之浦をぶらりするならおすすめです。
  買い物籠が付いていないので、買い物をするときは背負えるものがあると便利かも。

以上

<== 五日目へ

==> 一日目へ




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガングー

Author:ガングー
ようこそ!
各種旅行記を配信していますので、そちらもご覧ください。

最新記事
カウンター
リンク
コマーシャル

↑ブログランキングにエントリーしました。クリックしてくれたら嬉しいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。