スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三日目 2013/03/27

【概要】
縄文杉ツアーに参加。



朝4時半に宿にガイドさんが迎えに来てくれました。(一般的には4時に迎えに来るらしい…)
縄文杉に会うために、往復22キロの行程とのことで、ツアーガイドさんに同行してもらいます。
(一人10,000円のオプショナルツアーです。)

朝食と昼食用のお弁当は、前日に宿に用意してもらい、フロントに置いてありました。
(昼食のみ有料で、500円でした。)

荒川登山口への車両の乗り入れが制限されているため、宿から屋久杉自然館(安房)までガイドさんの車で向かい、屋久杉自然館からシャトルバスで荒川登山口に向かいます。
シャトルバス代が往復1,700円かかります。(ツアー料金とは別で、ガイドさんが用意してくれています。)

まだ夜が明けきれていない、屋久杉自然館。
ツアーの同行者は、名古屋のカップルと大阪から来られた女性2人とボク等の6名でした。
バスに乗る前に、お弁当の朝食をいただきます。
屋久杉自然館

荒川登山口に到着。
荒川登山口1

まずは出発前の表情を一枚。
雨、小降りです。
荒川登山口2

がけ崩れがあり、一時期通行止めになっていた現場。
ここが通れなくって大きく迂回してたので、大変だったらしい。
がけ崩れ

トロッコ道の途中から、板で整備されていて歩きやすくなります。
トロッコ道1

小杉谷橋前で一枚。
小杉谷橋

荒川登山口から3キロ近く歩いて小杉谷についたのですが、この辺は集落があり、学校もあったようです。
小杉谷1

小杉谷の小屋で休憩。
小杉谷2

シシ神様(もののけ姫)。
シシ神様

記念写真。
杉

こんな感じの写真も撮ってもらいました。
トロッコ道3

ハート型のシカのおしり。
シカのハート型

仁王杉。
仁王杉

簡易トイレ。
そうそう、縄文杉ツアーではトイレが限られています。
数か所、簡易トイレが設置されていますが、水分とりすぎると大変です。
簡易トイレ

まだまだ続くトロッコ道。
トロッコ道4

大株歩道入口。
ここまで8.5キロ、延々トロッコ道でしたが、ここから山道(2.5キロ)に入ります。
大株歩道入口

ひとまずトイレ休憩。
大杉歩道トイレ

大杉歩道、まずは登ります。
大杉歩道スタート

まずはウィルソン株。
洞窟のような切り株です。
ウィルソン株

有名なハート型。
ウィルソン株ハート型

ペンギン。
ペンギン

雛壇のような休憩場所で、傘をさして昼食をいただきます。
昼食休憩場所

お弁当の中身。(ちょっと食べちゃってます。)
昼食

大王杉。
縄文杉が見つかるまで一番大きいといわれていた杉。
仁王杉

ここから世界自然遺産に足を踏み入れます。
世界自然遺産

夫婦杉。
夫婦杉

ドラゴン。
ドラゴン

ゾウさん。
ゾウさん

こんな感じの山道です。
山道

タランチュラ。
タランチュラ

縄文杉に到着!
以前は縄文杉に触ることもできたらしいのですが、根が踏まれて枯れかけてしまったので、
今は展望デッキからの観賞になります。
縄文杉1

回り込んでもう一枚。
縄文杉2

さーーー帰りましょう。
またあの道を戻るのかと思うと憂鬱になりますが、復路は下りなのと縄文杉から頂いたパワーで頑張ります。

ナゴの守(もののけ姫)。
ナゴの守

反対側からだとマグロになるらしい…
マグロ

根っこが蛇みたいです。
蛇

戻ってきました。。。
帰りは土砂降り。カメラが出せない状態でした。
モザイクで見れませんが晴れ晴れした表情と、ご理解ください。
荒川登山口到着

シャトルバスが18:00最終なので、このバスに乗り遅れるとタクシーをチャーターするしかありません。
乗れるか乗れないかのギリギリな状態でしたが、どうにか間に合いました。(汗
縄文杉ツアーは標高が高い雲の上を歩くので、里が天気でも雨になることが多いらしいです。
ただ、泥水にはならないらしく、透明な水なので汚れません。

宿に戻ったら既に夜。
そんなに筋肉痛にはならなかったですが、早く就寝しました。

<== 二日目へ

==> 四日目へ




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガングー

Author:ガングー
ようこそ!
各種旅行記を配信していますので、そちらもご覧ください。

最新記事
カウンター
リンク
コマーシャル

↑ブログランキングにエントリーしました。クリックしてくれたら嬉しいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。